どうやって渡す?

はじめに相手の確認が重要

結婚指輪は高価な買い物ですよね。サプライズで進めるのはいいのですが、相手への結婚の意思の確認が重要です。そのうえで相手にあった指輪を選ぶことが重要です。先に自分の感覚で準備した場合、渡す際に断られてしまえば無駄になってしまいます。また、相手の趣味に合わないデザインであれば、受け取ってもらえなかったり、クレームが帰ってきたりしてせっかくのイベントが台無しになってしまいます。相手の結婚の意思を確認した後は、要望を聞きながら指輪を選択することがポイントです。相手と一緒に選んだり、相手に任せてみたりするのも手段の一つで、ある程度構想がまとまったら男性側で購入して、サプライズを演出して渡すことが成功への道です。

渡す演出はさまざまです

サプライズで渡すためにスタンダードな方法は、思い出の地であったり、夜景のきれいな場所であったり、豪華な食事の後などさまざまです。自分で考えるのが苦手な場合は、サポートしてくれる会社があります。たとえば、教会の貸し切りで、祭壇を利用して渡すシーンを演出してくれます。ライトアップや音楽などの演出もしてくれます。その後は教会の散策が楽しめます。レストランでは食事つきで、スタッフが指輪を運んでくれたり、別の部屋で渡すシーンを演出してくれたりします。費用は掛かりますが食事つきであったりいろいろなプランから選べます。スタッフとの事前打ち合わせによりアイデアを提供してくれますし、強力なサポート体制ですので成功する確率が高まります。