婚約が決まったら…何をする?

そもそも婚約とはなにか

そもそも結婚とは異なり、婚約には届けは必要ではありません。婚約とは、結婚の約束をすることであり、ふたりで結婚の意思を固めれば、それで婚約が成立することになります。しかし、現在のカップルにおいては結納などの明確な儀式はありませんが、多くのカップルが婚約をし、婚約期間を設けているのが現状です。結納や婚約パーティーをすることはほとんどなく、おおよその場合は両方の家での顔合わせをすること、もしくは婚約の証として何らかの贈り物をすることで、婚約が成立したこととしています。現在では、結納品などと入して家同士で金品を贈りあうのではなく、婚約指輪を送ることが一般的です。これらが婚約中におもにすることなのですが、結納や婚約パーティーをしない現代では、婚約期間中にこの他にもさまざまなすることがあります。

婚約中には何をするか

およそ半年から一年ほどの期間をとる婚約期間中ですが、その期間中を漫然と過ごすばかりではありません。おおよその場合は、結婚の準備に費やされます。というのも、結婚式場を抑えようと思うと、およそ一年前から半年ほど前から活動をしなければ予約を取ることが難しくなるからです。このほか、結婚式に招く人々を調べ、招待状を行うほかに、親戚や職場の関係の人など周囲の人々へと結婚することを知らせ、あいさつ回りをすることも、この期間中に行うことがほとんどです。また、結婚した後の準備も婚約期間中に行います。新居はどこにするかということを夫婦で探すことからはじまり、新居において使う家具や器具を選ぶこと、そしてそれまで暮らしていた住居からの引越しも行う必要があります。